会社案内Company Profile

HOME > 会社案内

MIKUNIグループのウェブサイトにアクセスいただきありがとうございます。
さまざまな産業・工業分野に、レシプロコンプレッサ・真空ポンプなどの開発・製造・販売を展開している当社についてご説明させていただきます。

会長挨拶

代表取締役会長 佐上龍紀

当社は1894年(明治27年)に創業し、120年有余に亘り一貫してコンプレッサの研究・開発・製造に取り組んでまいりました。
国産初のオイルレスコンプレッサの開発をはじめ、今日までに原子力産業用の高品質コンプレッサにも数多くの実績を有し、純国産技術として
国内外でも高い信頼と評価を得ております。

創業以来、お客様が求められているもの、望まれているものは何かを絶えず探求し続けてきました。常にお客様の立場になって、開発・製造に力を尽くし、密接な企業間の信頼関係のもと、産業界へ大きな活力を提供させて頂いてまいりました。長年蓄積してきましたノウハウは、産業界の新しいニーズに応えられるものと確信しております。

”人を大事に” ”仕事を大切に”をモットーに、時代に対応できる若い人材の育成をはかり、中・長期的展望のもと、着実な歩みを続けてまいりたいと考えております。

三國グループ 三国エンジニアリング株式会社 三国工販株式会社 三國重工業株式会社

MIKUNIグループの沿革

1894年 明治27年、三國鉄工所として創業。エアーコンプレッサの製作を始める。
大正4年に現在の本社所在地へ移転する。
1934年 資本金100万円の株式会社へ組織変更する。
1944年 (株)三國鉄工所と藤村機械製造株式会社(創業明治40年)と合併し、商号を三國重工業株式会社と改称する。
1953年 わが国で初めて、グラファイトカーボン製ピストンリングを使用して無給油式エアーコンプレッサの開発に成功する。
1954年 ピストン式塩素ガスコンプレッサ第1号機を製作。
1960年 無給油式LPG移送用コンプレッサを製作する。
1963年 塩酸ガスコンプレッサを国内に販売。
1965年 不活性ガスコンプレッサ用のノンメンテナンスピストンを開発する。
1968年 通産大臣より、「高圧ガス設備試験製造」の認定と「高圧ガス第2種認定試験者」の認定を受ける。
1969年 サービス部門を強化して三国工販株式会社を設立する。
1972年 無漏洩放射性ガスコンプレッサの開発に取組み社内品質保証体制を確立する。
1973年 大型機製造・試運転のため中國三國重工株式会社を設立する。
1974年 原子力発電所へ一次系放射性ガス回収用無漏洩コンプレッサを納入する。
海外市場の拡大、及びコンプレッサ周辺機器のエンジニアリングと販売を拡大するため、三国エンジニアリング株式会社を設立する。
1989年 資本金を1億1,550万円に増資すると共に社債2億円を発行する。
1994年 創業100年を迎える。記念事業開催。
1995年 防府工場を防府市台道に移転し、山口工場と改称する。
1997年 本社工場ISO9001認証取得。
1998年 山口工場ISO9001認証取得。
廣信機械工業株式会社(韓国)と資本提携。
2000年 山口第三工場(鋳造工場)設立。
製缶部門強化のため(株)高木鉄工所へ資本投下。
2006年 生産ラインの合理化のため、三國工場を閉鎖し、山口工場へ統合、拡充する。
創業111年記念行事開催。
資本金4億3,900万円に増資する。
PAGE TOP


ホーム サイト利用規約 リンク集 サイトマップ English お問い合わせ・資料請求 レシプロコンプレッサ・真空ポンプ専門メーカー MIKUNI