技術講座Compressor

HOME > 技術講座

コンプレッサは、一般的に圧力比、または圧力上昇の大きさにより、送風機とコンプレッサに区分されます。
圧力を高める作動原理より気体中で羽根車を回転させ、羽根の作用により通過気体の速度と圧力を増加させるターボ形と、一定体積内に封入した気体の体積を減少させたり、背圧を利用し、圧力を高める容積形とがあります。

コンプレッサの一覧表

主なコンプレッサの種類を、下記の一覧表にまとめました。それぞれのはたらきをご確認ください。

名称 送風機 コンプレッサ
ファン ブロワ
種別/圧力 約10kPa未満 約10kPa以上
約100kPa未満
約100kPa以上
ターボ形 軸流式 軸流
遠心式 多翼 - -
ラジアル
ターボ
容積形 回転式 ルーツ - -
可動翼 - -
スクリュー - -
往復式 往復 - -

容積形の分類

回転式 ケーシング(シリンダ)の中におさめられたロータの回転により、吸い込んだ気体を昇圧するブロワ、コンプレッサのこと。
往復式 シリンダ内を往復するピストンのはたらきで容積を縮小し、気体を昇圧するコンプレッサのこと。

往復式コンプレッサの分類

往復式コンプレッサは、圧力、用途、形状により下記のように分類されます。

往復式コンプレッサの分類

技術講座

PAGE TOP


ホーム サイト利用規約 リンク集 サイトマップ English お問い合わせ・資料請求 レシプロコンプレッサ・真空ポンプ専門メーカー MIKUNI